はじめに

QSZ

ボード上にアンカーピン(写真左)を配置し、QSZクリップ(写真右)を使いヒートシンクを固定する方法です。ボードによりコンポーネントの配置が異なるため、 下記情報を参照のうえ、適切なヒートシンク、アンカーピン、QSZクリップをご選択ください。

QSZクリップ アンカーピン

Index

特徴

小さい取付面積

PCB上に開けられた2つの穴(直径 1.8mm)にアンカーピンを基板裏側より挿入することによって取り付けられます。 アンカーピン末端は 2.5mm の径となり、PCB表面側より引き抜かれることはありません。

quick set1
負担の軽減

従来のZ形状クリップはヒートシンクをずらしながらクリップを上下方向の動きでアンカーに組み付けなければならず、作業者やサーマルインターフェース(以下TIM)への負担がありました。 QSZクリップはヒートシンクを動かすことなくクリップの左右の動きだけでアンカーに組み付けができるので、作業性も良く、TIMへの負担もありません。

Z-Clip and QSZ-Clip
組付向き間違い防止

ヒートシンクに穴を追加工し、アンカーピンを通してからQSZクリップで固定することで、誤った方向へのヒートシンクの取り付けを防ぎます。
※カスタム対応となります。

Location and Orientation Guide
傾き抑制効果

ヒートシンクに穴を追加工し、アンカーピンを通してからQSZクリップで固定することで、組み付けの際のヒートシンクの傾きを抑制し、コアの小さいチップ(bare-die)などへの負担(ダメージ、欠け)を最小限に抑えます。
※カスタム対応となります。

Kept horizontal position

取り付け手順

ヒートシンク取付手順のガイダンスです。

左のメニューをクリックすると、取付手順が表示されます。

1.アンカーピンを挿入

1. 基板裏面より、治具等を用いてアンカーピンを挿入します。

1-1.アンカーピンの挿入状態

1-1. アンカーピンを根元まで挿入します。

2.ヒートシンクを設置

2. ヒートシンクをCHIPの上に置きます。

3.クリップの組み付け

3. 片側のフック(U部)をアンカーピンに取り付けます。(矢印の方向より取り付けます。)

4.反対側を取り付け

4. 反対側のクリップの組み付けを行います。

4-1.フックを押し下げる

4-1. ヒートシンクの上に指を添えたまま、アンカーピンの横にフックを押し下げます。

4-2.フックをスライドし固定

4-2. そのままフックをアンカーピンに向かってスライドさせます。

5.固定完了

5. 固定完了



トップへ戻る

QSZクリップの種類とアンカーピンの配置

アンカーパターン

下記の QSZクリップを標準規格として販売しております。アンカーパターンをご確認の上、適切なクリップをご選択ください。また、これからボードの設計をされる方も、対応するパターンに従ってボード上にアンカーピンを配置することで、各クリップをお使いいただくことが出来ます。
適切なアンカーピンの位置は、熱源の高さ 、 ヒートシンクベース厚やフィン間のギャップ等の諸条件によって異なるため、実装にてご確認されることをお奨めします。なお、企業様向けにカスタムのクリップも製作しております。

規格名称
対応するアンカーパターン
X x Y (mm)
ダウンロード
PDF DXF STEP IGES CofC
QSZ39X39 39 x 39 PDF DXF STEP IGES RoHS
RoHS


REACH
REACH
QSZ44X44 44 x 44 PDF DXF STEP IGES
QSZ49X49 49 x 49 PDF DXF STEP IGES
QSZ54X54 54 x 54 PDF DXF STEP IGES
QSZ58X58 58 x58 PDF DXF STEP IGES
QSZ64X64 64 x 64 PDF DXF STEP IGES
QSZ39X39R 39 x 39 PDF DXF STEP IGES
QSZ44X44R 44 x 44 PDF DXF STEP IGES
QSZ49X49R 49 x 49 PDF DXF STEP IGES
QSZ54X54R 54 x 54 PDF DXF STEP IGES
QSZ58X58R 58 x 58 PDF DXF STEP IGES
QSZ64X64R 64 x 64 PDF DXF STEP IGES

トップへ戻る

アンカーピンの種類

アンカーピンを ANCR-8 / ANCR-11 / ANCR-12 / ANCR-13 / ANCR-16 からご選択頂けます。

規格名称 サイズ
Z (mm)
ダウンロード
PDF DXF STEP IGES CofC
ANCR-8 Anchor Pin 8 PDF DXF STEP IGES RoHS
RoHS

REACH
REACH
ANCR-11 11 STEP IGES
ANCR-12 12 STEP IGES
ANCR-13 13 STEP IGES
ANCR-16 16 STEP IGES

QSZクリップとヒートシンクとの組み合わせ

QSZクリップを弊社規格のヒートシンクと合わせてご使用になる場合、風の方向やフィンパターンによって、クリップが中心に配置できないことがあります。下の表を参考に取り付けの可否をご確認下さい。
なお、この表は寸法上の取り付け可否のみを示します。ご指定のヒートシンクが要求される冷却性能を満たしているか否かは ヒートシンク選択の手引き にて別途ご確認下さい。

QSZClip H QSZClip V

表の説明

ヒートシンクのフィン方向に対し垂直方向に QSZクリップを固定する V (Vertical, 写真左) タイプと、平行方向に固定する H(Horizontal, 写真右)タイプの取り付け可否を示しています。取り付けの方向は、写真を参考に筐体内の風向によって決定してください。


標準ヒートシンクとの対応表を表示

トップへ戻る

クリップの荷重

Clip load diagram QSZクリップでヒートシンクを固定した際に熱源に掛かる荷重は、下の簡易計算ルールより求めることが出来ます。なお、アンカー寸法、熱源高さ、PCB厚 等の公差もございますので、数値は参考値としてお考え下さい。


  • クリップ荷重計算ツール
Input Unit      
QSZ クリップ 荷重計算:
アンカーピン
ヒートシンクベース厚 mm

組付時荷重

**.**   kgf
チップ接触面寸法 mm   x mm
チップ高さ mm

圧力

**.**   kgf/cm2
ボード厚さ mm

関連ページ

取り付け方法について
振動・衝撃試験の結果

トップへ戻る

サイトマップ | お問合せ | © 2008 Alpha Company Ltd.